かなたなか

Entry 59   Permanent LIN K

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--   スポンサー広告    

XYグッドスタッフ≪シングル≫

毎度かなたです(`・ω・´)

この記事はシングル構築の紹介となります。
XYで一番最初に自分が考えたシングル構築がこちらとなります。
思考としては、やはりサイクルを重視したもので全体で削ってアドバンテージを稼いでいきます。
バンギラスガブリアスgyaraodosu.gif
バナロトム火ガルド

■バンギラス@ヨプのみ
【性格】ひかえめ
【実数値】207-*-130-154-120-89
【努力値】252-0-0-196-0-60
あくのはどう/れいとうビーム/だいもんじ/でんじは

■ガブリアス@こだわりスカーフ:さめはだ(隠れ特性)
【性格】いじっぱり
【実数値】183-200-116-*-105-154
【努力値】0-252-4-0-0-252
げきりん/じしん/ストーンエッジ/ねごと

■ギャラドス@ゴツゴツメット
【性格】わんぱく
【実数値】202-145-137-*-120-108
【努力値】252-0-204-0-0-52
たきのぼり/こおりのキバ/ストーンエッジ/ほえる

■フシギバナ@フシギバナイト
【性格】おだやか
【実数値】187-*-104-128-150-108(M:187-*-144-150-172-108)
【努力値】252-0-4-60-132-60
ギガドレイン/ヘドロばくだん/ねむりごな/こうごうせいorやどりぎのタネ

■ロトム(ヒート)@オボンのみ
【性格】ずぶとい
【実数値】157-*-174-126-128-106
【努力値】252-0-252-4-0-0
オーバーヒート/ボルトチェンジ/めざめるパワー(氷)/おにび

■ギルガルド@じゃくてんほけん
【性格】いじっぱり
【実数値:At】167-213-70-*-70-89
【実数値:Df】167-103-170-*-170-89
【努力値】252-188-0-0-0-68
シャドークロー/せいなるつるぎ/かげうち/キングシールド


※能力値等が努力値と比べておかしかった場合は実数値の方を信用するようにお願いします。


≪解説≫
自分の使いやすい構築から最初は触れようと思い、全体的に受けよりな構築でサイクルを回し、相手に蓄積をためて少しずつ落とす、もしくはガブリアスで〆るという形を想定した構築を組んでみました。
結論からいうと全体的な勝率は悪くなく、ある程度まとまった形にはなっているかなとは感じました。
参考までに瞬間最高レートは1971、終了時レートは1950です。
無理なパターンとして、受けループは現状処理が厳しい構築となっています。
バナが宿木を持っていると、対応できる可能性が多少増えますが、まだ受けループは少ないと踏んで光合成で潜っていました。結果4回ほど受けループを引く形となってしまい内3回は敗北する形となりました。
それでは、以下個別解説





・バンギラス
バンギラス
>>採用理由
対面性能が比較的高いポケモン且つ、電磁波をまけるポケモン。
砂天候により雨パ(殆どいなかったけど)等への耐性確保。
ギルガルドに比較的対面で強いポケモンとして採用。

>>持ち物
-ヨプのみ
弱点保険以外のガルドの聖剣に対するカバーとして採用。
他、不意の格闘技に対するケア、電磁波の補償ができる。
Hバンギラスはメガゲンガーやメガフーディンの気合玉で突破されてしまうのでそのケアとしても活躍する。

>>技構成
-あくのはどう
対ゴースト、エスパーへの打点。また電磁波と組み合わせてのまひるみ。
メイン打点としても採用。
-れいとうビーム
対ガブリアスを含めた竜に対しての打点。
-だいもんじ
ハッサム、ナットレイ、クチートへの打点。火炎放射だと数値が足りないのでこちら。
-でんじは
後続への負担軽減。ガルーラへの対処として採用。選択枠。

鬼火環境なのと、バンギラスが呼び込む相手、ラティオス、クレセリアの不在により物理にするメリットが薄いと感じたため特殊バンギラスとして採用。
電磁波も強かったが、うつ相手が交換読み、ギャラドス、ガルーラしかおらずそれならば対面で迅速処理が見込める10万ボルトや、小さくなる、積み技に耐性の持てる吠えるも十分に選択肢ではないかと思いました。

>>配分
Sライン
適当にハッサムを抜けそうなラインに設定。具体的にこの数値にした意味は無いので解説不可。
残りHC

基本的にHに振れば大体耐えるポケモンなのでこれで使い勝手が悪いということはなかった。
大文字の命中率に不安が残るがこのままの運用で基本的に問題はないと思います。
呼び込む相手が大体決まっているのでそのあたりで電磁波を入れたり技を通していけると上手く運用できると思います。





・ガブリアス
ガブリアス
〉〉採用理由
ガブリアスより速いガブリアスをワンキルできるポケモンとして採用。
また、上から高火力を押しつけられるポケモンが現状少ないと感じたのでその枠としても。
ファイアローと違い、ファイアローに突っ張れるのも魅力と感じた。

〉〉持ち物
-こだわりスカーフ
上記の採用理由からスカーフで採用。

〉〉技構成
-げきりん
一貫性こそ下がったものの最高火力の一致技として採用。やはり強い。
-じしん
ガブリアスのメインウェポン。現状地面の一貫性が高いことが多いので使いやすい。
-ストーンエッジ
補完の良い技。キッス等へのダメージを期待してエッジ。
-ねごと
フシギバナへ後出しするパターンが存在したため採用。

オンバーン等へ打ちたかったり、ガブを処理したいが逆鱗を打ちたくないという場面のためにダブルチョップは選択肢。ただ、ガルーラのせいでBに厚く振っているガブリアスが存在しており、逆に事故を生みかねないので今回は不採用。
ハッサム、エアームドに対してダメージのかせげる大文字も選択肢としてはありだろう。

〉〉配分
AS
端数B(物理環境なのでB安定でしょう)





・ギャラドス
gyaraodosu.gif
〉〉採用理由
相手のギャラドス、ガブリアスへのクッション、ガルーラへの削りとして採用。

〉〉持ち物
-ゴツゴツメット
相手のギャラドスがメガシンカするとこちらから打点が無くなる点。
ガブリアスのタスキをつぶしやすい点。(後続のスカーフガブのケア)
ガルーラの体力を削る点。
このあたりを評価してゴツメで採用。使用感は非常に良かったです。

〉〉技構成
-たきのぼり
メイン打点として採用。ハッサム等への削り、稀にいるマンムーなどにも刺さった。
-こおりのキバ
主にガブリアスしか打つ相手がいないが、ガブリアスに打たないといけないので採用。
-ストーンエッジ
ギャラドスへの打点として採用。一貫性も高い技なのでロトム水等への打点にもなり得る。
-吠える
積み技のリセットや身代わりのリセットができる優秀技。

他技候補としては竜の舞、地震、挑発等があげられますが基本的にこれで困ったことがないのでこれがベストではないかと思っています。滝登りを地震にするのはありかもしれません。

〉〉配分
Sライン
4振りロトム抜きの108に設定。
残りHB

HBに思いっきり割いても、ガルーラのグロパングロパンからの恩返しを耐えることができないのでその辺は考えて選出しないといけないでしょう。ただ、恩返し1回目は耐えることができるので少なくとも2/3のダメージは与えることができます。





・フシギバナ
バナ
〉〉採用理由
相手の水ロトムが重たかったので採用。
数値が高いので特殊に基本的に繰り出すことができ、物理もある程度カバーできるのは強い。

〉〉持ち物
-フシギバナイト
現状フシギバナに持たせるアイテムはこれがベストだと思う。
耐性面の強化だけでなく耐久種族値が大きくあがるため、フシギバナとしての性能を存分に生かすことができる。

〉〉技構成
-ギガドレイン
相手に負荷を与えながら回復できる技というのはやはり強い。
ドサイ、ヌオー、マンムーが存在するため草技は切りづらいでしょう。
-ヘドロばくだん
相手の草に対する打点且つ、ファイアローに入る技として採用。
-ねむりごな
最強技。誤魔化し性能を大きく上げることができる。
-こうごうせい
サイクルを維持するために採用。バナミラーでも強くでることができる

宿木は採用圏内の技だと思います。一貫性が高めで後続の負担が減るのは流石に強いと言わざるを得ません。
ただ、バナが落ちる(もしくは受けられない数値)になって負けるという場面の方が多いと感じたので光合成で回していました。宿木の方が誤魔化し性能自体は高いため悩みどころでしょう。

〉〉配分
Sライン
4振りロトム抜き

Cライン
-H183-D105ガブリアスをギガドレインで確定3発

残りHD

水ロトムや、相手のフシギバナからのダメージを極力軽減したかったので性格補正はDにかけることにしました。
Bにかけるとガブリアスに対面で勝てる可能性が出てきたりするのでそちらも十分に採用価値はあると考えています。





・ロトム(ヒート)
ロトム火
〉〉採用理由
ファイアローに完全耐性を持っている点を評価して採用。
鬼火が使える点、ガブリアスにそこまで弱くない点、ハッサム、ナットレイに強い点は高評価。
また、タイプ面的にトゲキッスにも強いのはすばらしい(飛行/炎/フェアリー半減)

〉〉持ち物
-オボンのみ
数値の足りないポケモンなのでオボン1択レベルに思っている。
これがないと負けていた試合は多い。

〉〉技構成
-オーバーヒート
最大火力技としてやはり採用したい。厚い脂肪があるとはいえどメガバナへの打点にもなる。
-ボルトチェンジ
10万ボルトと悩んだが、相手のボルチェンに対応することも考えてこちらを採用。
-めざめるパワー(氷)
ガブリアスに身代わりを残されると負けてしまうので対面で殴れるめざ氷を採用。
-おにび
やはり鬼火は強い。命中率があがったことにより非常に安定するようになった。

技構成はこれが安定すると感じました。
10万ボルトは欲しいところですが、ボルトチェンジの使い勝手はなんだかんだ良いのでボルチェンを採用しました。

〉〉配分
HB
端数D

数値の足りないポケモンだと感じたので、HBに振り切りました。
Sを調整してもいいんですが、ロトムのS帯はチキンレースになることが多いので、それなら最初から負けている前提で動いた方が行動が安定すると考え、ロトムにSを振ることはしませんでした。





・ギルガルド
ガルド
〉〉採用理由
ゴーストタイプであるという点。
ガルーラに対面で勝てる可能性が比較的あるポケモンということで採用。

〉〉持ち物
-じゃくてんほけん
6thからの新アイテム。弱点技を受けるとACが2段階上がります。
ガルドに剣舞を積むスペースがなかったのと、ガルーラ対面等で瞬間的な速度を出したかったので採用。

〉〉技構成
-シャドークロー
一貫性の高いメインウェポンとして採用。急所に願う。
-せいなるつるぎ
ゴーストと補完のいい格闘技且つ、相手の積みを無視でき、ガルーラ等に打点を持てる技として採用。
-かげうち
技の火力とSが足りないのでやはり先制技は欲しい。
-キングシールド
キングシールドの効果自体に期待することもあるが、退かずに対面でFCしたいシーンというのがどうしても存在するため、それをケアするために採用。Aを下げる技というよりかはDfになるための技です。

聖なる剣をアイアンヘッドにするのも考えましたが、バンギラスをワンパンできる点を考慮して聖剣にしました。
ゴーストと格闘の補完はやはりすばらしいです。
剣の舞等の採用もありですが、その場合シャドークローを切らないといけないため、サイクルゲームを主軸としているこのパーティでは少々アンチシナジーだと思われます。

〉〉配分
Sライン
無振り70族抜かれ且つ65族抜き+α
ハッサム、バンギ等へは上から打点を持ちたいシーンが多いと感じ、また、ガルドミラーでも上からしっかりと削っていきたいと思ったためSを調整。ただ、メガバンギ等でSラインが変動したりするのでもう少し考慮できる部分でしょう。

残りHA






と、大体こんな感じです。
ただ、最近は身代わりガルーラが出てきたり、受けループ系が出てきたりしているようなので
このままの使用だと勝てない構築も多々出てきていると思います。
ただ、XYの環境序盤である程度安定した勝ち星をあげられた構築として一応の紹介をさせていただきました。
それでは、ここまで読んでくださった方お疲れ様でした!

ノシ
関連記事
スポンサーサイト

2013/10/30   シングル構築     59TB 0  

Trackback

http://kanata4210.blog106.fc2.com/tb.php/59-72a40705

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。