かなたなか

Entry 53   Permanent LIN K

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--   スポンサー広告    

高種族値グッドスタッフ+6≪シングル≫

毎度かなたです(`・ω・´)

この記事はシングル構築の紹介となります。
いつものメンバーですが、今回は前回よりも起点を作ってくる構築に対する抵抗力を上げてみました。
反面、対応しづらくなったのは、今まで火力で押せていた相手や、壁構築になっています。またノオーガブ系統に関しても相手のローブシン次第ですが動きづらいと感じてしまう部分が増えたと思います。
基盤となっている前回構築の記事はこちらになります。
高種族値グッドスタッフ+5≪シングル≫
バンギガブリアススイクン
ボルトロスクレセローブシン

■バンギラス@こだわりハチマキ
【性格】いじっぱり
【実数値】201-201-131-*-129-82
【努力値】204-228-4-0-68-4
ストーンエッジ/かみくだく/ばかぢから/おいうち

■ガブリアス@こだわりスカーフ:さめはだ(夢特性)
【性格】ようき
【実数値】189-166-116-*-116-169
【努力値】44-124-4-0-84-252
げきりん/ダブルチョップ/じしん/ストーンエッジ

■スイクン@カゴのみ
【性格】のんき
【実数値】207-*-176-113-140-95
【努力値】252-0-196-20-36-4
れいとうビーム/ねっとう/ねむる/ぜったいれいど

■ボルトロス@こだわりメガネ
【性格】おくびょう
【実数値】155-*-90-176-100-179
【努力値】8-0-0-248-0-252
ボルトチェンジ/めざめるパワー(飛)/きあいだま/ねごと

■クレセリア@ゴツゴツメット
【性格】ずぶとい
【実数値】223-*-179-95-151-118
【努力値】220-0-180-0-4-104
みかづきのまい/れいとうビーム/めざめるパワー(炎)/トリックルーム

■ローブシン@いのちのたま:てつのこぶし(夢特性)
【性格】いじっぱり(S23個体)
【実数値】189-202-147-*-85-61
【努力値】68-188-252-0-0-0
ドレインパンチ/マッハパンチ/れいとうパンチ/ねごと




※能力値等が努力値と比べておかしかった場合は実数値の方を信用するようにお願いします。



≪解説≫
前回の構築からバンギラス、ガブリアス、クレセリアの配分を変え、ボルトロス、クレセリアの技構成も変更しました。
前回から単体でもっとも大きな変化と言えるのはガブリアスで、これにより前回よりも「突っ張りやすい相手」を増やし行動の幅を広げています。全体を見た動きの中で大きく変化したのはクレセリアです。サイコキネシスというダメージソースを失った反面、他のポケモンの繰り出し回数や対面性能を上げることができる三日月の舞を採用したことで今までよりも大胆に動けるようになりました。
これにより発生したデメリットはローブシンに対する打点不足、またパルシェンの処理速度の低下でしょうか。このあたりは特に意識してプレイングする必要が出てきたと思います。
それでは、以下個別解説





・バンギラス
バンギ
>>採用理由
トリル下のエースアタッカー
ラティやクレセリアを起点に相手に負荷をかけていく削りポケモン
他、天候の切り替えし、蓄積、ラティの確定処理、対雨等

>>持ち物
-こだわりハチマキ
採用理由からラティを対面追い打ちで迅速処理、グドラをエッジワンキルできるように

>>技構成
-ストーンエッジ
後続へ負荷をかけることができ、一貫性の高い技として採用。対雨。
-かみくだく
基本的に連打することになる削り技
-ばかぢから
範囲拡張。対面ドリュウズで打てる技。ナットレイへの打点。一貫性。
-おいうち
ラティ確定処理。対面のポケモンの確定削り。

前回と違い、三日月の舞を採用したことにより追い打ちを積極的に選んでも収拾をつけやすい場面が多くなったので追い打ちの採用優先度は上がったと思われます。今後、大きな変化がない限りこの技構成から変更することもないでしょう。

>>配分
HBライン
-A121ボルトロスの馬鹿力耐え
-A200ガブリアスの地震14/16耐え
-A205ドリュウズの地震13/16耐え
-A182ガブリアスの地震+霰ダメージ耐え
-A182ガブリアスの地震+ステロをおよそ50%で耐え

HDライン
-C161眼鏡キングドラのハイドロポンプ耐え
-C177ボルトロスの気合玉耐え
-C197ボルトロス(FC)の気合玉:命中考慮でおよそ60%で耐え

Aライン
-H151-B115キングドラを鉢巻ストーンエッジで14/16で一発
-H161-B85ウルガモスを鉢巻噛み砕くで15/16で一発
-H183-B115ガブリアスをゴツメ2回+噛み砕くで13/16で一発

端数をSに振っているのはトリルが無いとき、ミラーで相手の無振りバンギラスに上から打点を持つためですが、対して意味はありません。
臆病霊獣ボルト(C197)の気合玉を意識してもう少しDに割くのも悪くないですが、その場合キングドラ等を考慮するとAは198が限界のように感じているので、D134まででしょう。Bは少し余裕をもった配分にしているため、Hを落としてDに振りB方面の数値を低くして他に回すのもいいかもしれません。





・ガブリアス
ガブリアス
>>採用理由
対ボルト、対ウルガ、対ラティ
電気の一貫性の低下
削りからフィニッシャーまでこなす柔軟性

>>持ち物
-こだわりスカーフ
先制できる範囲を拡張するため

>>技構成
-げきりん
メインとなるダメージソース。強いの一言。
-ダブルチョップ
身代わり貫通できる攻撃技兼、場に固定されない竜技。
-じしん
メインダメージソース2。無効化されやすいのは難点。
-ストーンエッジ
対ウルガモス、ボルトハッサムの並び、砂ダメ数回後のボルトワンキル。

今回はガブリアスに耐久調整を施したことにより火力が下がっているため、前回のように逆鱗で処理できる相手が減ったのをカバーするためにストーンエッジを採用しています。
基本的にはウルガモス相手に打つことが一番多くなるので、岩雪崩でもいいのですが、蓄積ダメージの増加やボルトロスへのダメージを考慮してストーンエッジを採用しました。
クレセリアの耐久を落としたことにより、A200ガブリアスの逆鱗の確定数等が動き、ガブリアスに少し薄くなったと感じたのでミラーも考慮して最速にしました。
また、耐久調整を施すことで最近冷凍パンチを持っていないメタグロスが多いことを利用し、対メタグロスで突っ張る選択肢をとりやすいようにしました。
調整を施しAを下げたデメリットとしては、一貫性を取りづらくなったこと。逆鱗ぶっぱでいい場面が減ってしまったこと。対ソーナンス(解説は前回記事)等があげられますが、そもそもガブリアスの選出率が低いのでこのあたりの問題で深刻に思ったことはまだありません。
反面、この調整にして良かったと思った試合も少ないためこれが最善かは怪しいところです。

>>配分
HBライン
-A205メタグロスのコメットパンチ+バレットパンチ耐え
-A200ハッサムの舞+テクニシャンバレットパンチ13/16耐え

HDライン
-C187ウルガモスの舞+珠むしのさざめき耐え
-C177ボルトロスのめざめるパワー(氷)15/16耐え
-C172ウォッシュロトムの眼鏡ハイドロポンプ耐え

Aライン
-H157-B127ロトムを逆鱗で確定2発
-H155-B90ボルトロスをダブルチョップ1回で27.1%~32.9%削る
-H155-B90ボルトロスをストーンエッジで7/16で一発。命中考慮で瀕死確率38%弱

基本的にはボルトロスのめざ氷に合わせて調整したので、それ以外の計算結果は副産物です。





・スイクン
スイクン
>>採用理由
受けループ耐性
対竜や対マンムー等クレセの範囲のサポート
対グロス

>>持ち物
-カゴのみ
寿命拡張
擬似的な催眠耐性を与えるため

>>技構成
-れいとうビーム
竜、グライオン、キノガッサ等への打点
-ねっとう
バンギラス、メタグロス、ヒードラン等への打点。エアームドを火傷に
-ねむる
寿命拡張。小さくなるスターミー等への耐性
-ぜったいれいど
範囲拡張。ラッキー耐性。ワンチャンメイカー

>>配分
HBライン
-あまりを振っただけなので特に想定しているラインはなし

HDライン
-雨下C161眼鏡キングドラのハイドロポンプ(=C161眼鏡グドラの竜波動)2耐え

Cライン
-H151-D115キングドラの身代わりを冷凍ビームで14/16で破壊





・ボルトロス
ボルトロス
>>採用理由
ウルガ、ハッサム、スイクン耐性
めざ飛の一貫性の作りやすさ
ガッサ耐性

>>持ち物
-こだわりメガネ
めざ飛を初め、低下力技の一貫性をあげるため

>>技構成
-ボルトチェンジ
対ナンス、対キノガッサ、有利対面の維持
-めざめるパワー(飛)
対ウルガ、対ハッサム、一貫性の高い技。連打しやすい技
-きあいだま
対ドリュウズ、対バンギラスあたりへ打点が持てる
-ねごと
対キノガッサ、対レパルダス、カバルドンを見据えた上でドリュウズへのタスキ潰し

前回から気合玉に変更。これにより、水への打点や地面への打点が減りましたが、寝言でドリュウズへ有効打を入れられる確率。寝言で珠ハッサムに先制した時大きく削る確率があがりました。
対レパルダスで外す可能性があるのは少し不安点ですが、そもそもレパルダスの個体数が多くないので問題ないでしょう。

>>配分
CS
端数はHPに





・クレセリア
クレセ
>>採用理由
トリックルーム始動要因
ローブシン、ガブリアス、マンムー等への負荷

>>持ち物
-ゴツゴツメット
繰り出すだけで蓄積を与えられるのは強いの一言
自身の火力補佐にも後続のサポートにもなる

>>技構成
-みかづきのまい
味方を複数回戦わせる+自身が起点にならず退場できる技。
-れいとうビーム
竜、ボルトあたりに対する打点
-めざめるパワー(炎)
ハッサム、メタグロスあたりに対する打点
-トリックルーム
構築の軸。バンギ、ローブ、また自身の行動回数を確保する

サイコキネシスを三日月の舞にしたことにより、トリルを軸とする構築らしさがより顕著に表れるようになりました。トリル下で打つだけでなく、非トリル下でも味方を回復させるために打つことは多々あります。また、自身が起点にならないように逃げることのできる技でもあるため汎用性は高いです。
反面、サイキネを失ったことによりHDローブへの打点不足等が目立つためこのあたりは意識してプレイングしないといけないでしょう。

>>配分
HPを16n-1
残りB
端数D
Sを準速ハッサム(S117)抜き

ハッサムを抜くところまでSを振ることで、珠ハッサムに対する耐性の強化を図りました。これにより落ちてしまったBですが、そもそも余裕を持たせた配分だったため目立ったデメリットはいまのところ発生していません。
しかし、蓄積ダメージの差等は確実に起きているはずなので今後何かしらやらかす可能性はあると思います。





・ローブシン
ローブシン
>>採用理由
バンギラスに強い
トリルアタッカー
ドリュに対して打点を持っている
ハッサム、キノガッサに弱くない

>>持ち物
-いのちのたま
マッハパンチの火力を揚げながらトリル下でラティオスを冷凍パンチで縛るために採用。
個人的には体力が減ってしまうのは低評価なのであまり好きではないです。

>>技構成
-ドレインパンチ
メインダメージソース。十分な火力がでる癖に回復できるとかチートか
-マッハパンチ
ローブシンを強くしている最大の要素。先制技の火力を超えています
-れいとうパンチ
範囲拡張。竜に対して打点を持てるのはトリルアタッカーとしては大切
-ねごと
対ガッサ、対レパル等

ラス枠の寝言は、ソーナンス等が気になるのなら毒々、ウルガモスが気になるのなら岩雪崩なんかでもいいと思います。冷凍パンチを炎のパンチにするのも一考ですが、トリル下でなるべくターンを無駄にせず殴ることを考えるとやはり冷凍パンチが最も噛み合っているはずなので、個人的には冷凍パンチを優先したいです。

>>配分
HP10n-1
-命の珠反動、ドレパン回復量考慮

HBライン
-A187舞ドリュの地震+砂耐え

Sライン
-最遅ハッサム(S63)抜かれ抜かれ

Sですが、ハッサムをトリル下から殴ることを意識するならこのS61でいいと思います。対面で最遅ハッサムを逃がさず殴り、且つ、最遅ハッサム抜かれのカバルドンに対して上から打点を持ちたい場合はS64に設定するのがいいでしょう。







と、大体こんな感じです。
正直ガブリアスは改良なのか改悪なのか全くわからないので、しばらく回してまた決めたいと思います。クレセリアの三日月の舞はサイコキネシスとの選択技で、どちらの方がいいという技ではないため予測できる環境に応じて使い分けるのがベストです。
それでは、ここまで読んでくださった方、お疲れ様でした。
関連記事
スポンサーサイト

2013/05/09   シングル構築     53TB 0  

Trackback

http://kanata4210.blog106.fc2.com/tb.php/53-84fbc034

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。