かなたなか

Entry 36   Permanent LIN K

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--   スポンサー広告    

バンギグライ in BW2≪シングル≫

毎度かなたです(`・ω・´)

この記事はシングル構築の紹介となります。
コンセプトはBW2になって逆風が吹き使いづらくなってしまったグライオンの復権です。
それなりにまとまった形にはなったので紹介をしておきます。
ただ、まだまだ詰められていない部分が大きいので完成というには程遠いでしょう。
バンギグライオンラッキー
ハッサムボルトロススイクン

■バンギラス@こだわりスカーフ
【性格】
【実数値】189-172-131-*-121-124
【努力値】108-140-4-0-4-252
ストーンエッジ/れいとうパンチ/ばかぢから/おいうち

■グライオン@どくどくだま:ポイズンヒール(夢特性)
【性格】わんぱく
【実数値】177-115-167-*-95-146
【努力値】212-0-54-0-0-244
みがわり/まもる/じしん/ハサミギロチン

■ラッキー@しんかのきせき
【性格】ずぶとい
【実数値】325-*-62-*-151-77
【努力値】0-0-252-0-204-52
ちきゅうなげ/でんじは/ステルスロック/たまごうみ

■ハッサム@ゴツゴツメット
【性格】わんぱく
【実数値】177-150-167-*-101-85
【努力値】252-0-252-0-4-0
バレットパンチ/とんぼがえり/はねやすめ/ねごと

■ボルトロス@きあいのタスキ
【性格】おくびょう
【実数値】155-*-90-177-100-179
【努力値】4-0-0-252-0-252
10まんボルト/めざめるパワー(氷)/ちょうはつ/でんじは

■スイクン@カゴのみ
【性格】のんき
【実数値】207-*-179-115-135-94
【努力値】252-0-220-36-0-0
ねっとう/れいとうビーム/ねむる/ぜったいれいど


※能力値等が努力値と比べておかしかった場合は実数値の方を信用するようにお願いします。


≪解説≫
グライオンの数が減ったことにより、グライオンを意識した構築が減っているように感じて、グライオンの純粋な嵌め性能が強くなっているのではないかと考えたので、バンギグライに再度手を付けてみることにしました。
グライオンを採用することでカバドリに対してある程度ケアができるが、今までのような圧倒的強さがあるわけではなく、さらに今まで見ることができていた対ローブシンや、場合によってはごまかせていた対キノガッサが不安になっている今の環境でグライオンを使うには、このあたりをカバーしていく面子が必要だと感じました。
そこで目を付けたのが、ゴツメハッサムです。こいつを採用することで、ローブシンやキノガッサに対する回答をある程度作りつつグライオンへつなぐクッションにもなります。
他メンツは、バンギグライハッサムで苦しい相手を見ていけるように補完重視で採用していきました。
それでは以下個別解説






・バンギラス
バンギ
砂スリップダメージと逃がさない対ラティ性能、対オボンボルトを考えて採用。

配分は舞バンギに同速をしかけることが少なくないので最速は切れないです。
陽気ドリュの地震あたりまでみてHPに割いており、これによりドリュと対面したときドリュに対してつっぱるという選択肢を一応産むことができます。(特に対風船ドリュ等で大切になる)
反面、後述する冷凍パンチの火力が落ちてしまっているため、悩みどころ。ここは要調整でしょう。

技構成ですが、ラティを逃がさないという役割や、ローブガッサのあふれる今の環境でバンギラスを採用するにはかかせないと思われる追い打ちがまず確定。使う場面は多岐に渡ります。
そして削り技となる岩技としてストーンエッジを採用。スイクン等への削り速度を意識しています。
対ヒードランや対バンギラス、ノオーに対して打って後ろまで一貫する技として馬鹿力を採用。ドリュウズやガブリアスに対して大きなダメージを入れることができますが、バンギドリュを相手した時馬鹿力をバンギラスに打つとドリュウズに風船を残されてしまうのでけたぐりでもいいのかもしれません。
最後は、グライオンがガブリアスの起点になることがあるためそのケアとして冷凍パンチを採用。しかし、耐久に割いているため冷凍パンチでガブリアスを落とすことができないのが非常に苦しい。この点を考えるとASの方がいいのかもしれないです。

持ち物は特に対オボンボルトを考えてスカーフです。






・グライオン
グライオン
対カバドリが主な採用理由で、対面なら火炎ローブ等も流せ、砂がまっていると多くのポケモンを封殺できるポケモンとして採用。ビルド冷凍ローブは垢消せ。

配分はマンムー、カイリュー、バシャーモ、シャンデラ等重要どころが固まっているS種族値80のポケモンを抜いているところに設定。これにより、動きがかなり柔軟になります。
残りはHBに割り振ってなるべくBを下げないようにしています。

技構成はいろいろと悩みましたが、結局これで落ち着くことに。
無限を成立させ、相手を疲弊させる身代わりと守るの採用。
グライオン自信の性能を落とさず、テラキオン、ドリュウズ、ウルガモス等をしっかり削っていける地震の採用。地震のないグライオンは本来やりたい仕事ができないように感じてやはり使いにくかったです。
そして、対カバルドンを見つつ、状況に応じて火力の無いハッサム、ナットレイ、また後続に負荷をかけられ、場合によってはスイクン、クレセリア等を処理する技にもなるハサミギロチンを採用。牙や毒等の採用も考えましたが、結局対応力という点においてグライオンのギロチンは最強でした。

持ち物はポイズンヒール的に毒々玉一択。別に他の持ち物で羽グライとかしてもいいのですが、今回は無限による嵌め殺しも採用理由になっているので毒玉以外ありえないでしょう。






・ラッキー
ラッキー
対雨、対ウルガ、対ボルト、そのあたりを含めた対特殊、電磁波撒き、ステロまきとして採用。

配分はいつもと同じもので。
Bにぶっぱ(ラティのサイコショック意識)して、Sを麻痺すいすい最速グドラ抜き+に設定して残りD。特にこれで困ったこともないのでこの配分の子をずっと採用し続けています。

技構成は、メインダメージソースとなる地球投げ、回復ソースとなるたまごうみが確定。
今回は、グライの嵌められる範囲を広げたり、砂が吹いてなくても無限に入る意味を作ることができるとして電磁波を採用。これにより眠るウルガモス等にも最悪択をかけていけます。
また、グライオンが相手を強引に交換させる力をもっているポケモンのため、そのシナジーを考えてステルスロックを今回は採用しました。これにより対ウルガ、対ボルトもかなり楽になっていると思われます。

持ち物は言わずもがなでしょう。






・ハッサム
ハッサム
対ローブ、対ガッサ、対レパルの逃げ先として採用。最悪意地ガブ等も流したり、カイリューの逆鱗を受けたりもします。また、対ラティがそこまで弱くなく先制技を無理なく採用できるメンツというのも評価が高いところでしょう。

配分はぶっぱしても数値不足を感じたのでHBに振り切っています。
しかし、状況に応じてラティに後出しする場面というのもないわけではないので、Dに少し割いて流星1.5耐えするのも悪くないと思いました。

技構成はハッサムの性能を引き出すためのバレトンボ、受けに出すということで羽休めまで確定。対キノガッサ、対レパルダスを考えて寝言を採用しています。

持ち物はローブシンのドレパン回復を許さず、回復しているだけでダメソを作ることができるゴツゴツメットです。






・ボルトロス
ボルトロス
対バシャ等の全抜きアタッカーに対するストッパー、グライが起点になる小さくなる系等に対するストッパー(特に対ライド)、バンギグライが苦手とする対ゴウカザル系に対する電磁波による回答作り、水タイプに多少でも牽制をかける電気タイプということで採用。

配分は特に考えずボックスにいたものを流用したためCSぶっぱ。
ギャラドスに後出しすることが多々あるので、砂ダメージ+ギャラの舞氷のキバとかそのあたりを想定して配分しなおした方がいいかもしれません。無ふりで耐えた気がしないでもないですが。
採用理由的にサルやコバル、ラティ、ガブなんかを普通に殴ったりすることもあるので最速は切れません。

技構成は、採用理由からまず、電磁波と挑発が確定。
挑発は一見いらないように感じますが、対レパル、対フワライド系、また対サクラ系を考えると切れない技だと思います。
残りはめざめるパワー氷、10万ボルトを採用。ボルトチェンジを採用しなかったのは10万ボルトをうつシーンというのは基本的にしっかりと削っていきたい場面が多いと思ったからです。

持ち物は、全抜きアタッカーに対するストッパーとして採用してるので最低限の動きができる襷を採用。






・スイクン
スイクン
対物理竜をある程度カバーしつつ、スイクンごまかしや、対ループ、ドリュウズに対する一応の保険等として採用。

配分はこれまたボックスにいた個体をそのまま流用したため特にこれといったものはありません。
グドラの身代わりを冷凍で壊す意味はないのですが、他ドリュウズやマンムー、またマンダ等に対してかける負荷を大きくしたいためC無ふりも使いにくいと思います。

技構成は採用理由から、冷凍、零度が確定。
使いまわせたりPP戦で有利になる眠るも確定でしょう。
ラストはスイクンとしての性能を落とさない熱湯を採用。
熱湯以外の水技だとエアームドが突破できなくなってしまうため熱湯一択でしょう。

持ち物は眠るとのシナジーや、ガッサを対面で殴る択を作れるカゴ。






と、大体こんな感じです。
まだ煮詰めきれてない部分も多く、未完成といっていい構築ですが、グライオン自体に可能性はまだまだ感じるのでもうしばらくはこれと似たタイプの構築を考えていきたいと思っています。
関連記事
スポンサーサイト

2012/11/05   シングル構築     36TB 0  

Trackback

http://kanata4210.blog106.fc2.com/tb.php/36-9925d049

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。