かなたなか

Entry 19   Permanent LIN K

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--   スポンサー広告    

京大カップレポ≪シングル≫

毎度かなたです(`・ω・´)


5/20にウイングス京都で行われた第10回京大カップへ参加してきました。
この記事はそのレポートとなります。
私の使用構築はバンギグライコバルサンダーブルンハッサム。
使用構築に関してはこちらの記事へどうぞ。
コバルループ+≪シングル≫
バンギグライオンコバル
サンダーブルンゲルハッサム

結果からいうと、京大カップは準優勝でした。
欲を言えば優勝したかったですが、エンドーさんが強かったです;;;;

全体的な雑感としては、どの負けた試合もプレイングでなんとかなった部分があったので、構築自体はそこまで悪くなかったんじゃないかなという印象。原案のゆーきさんには頭があがりません;;
後は、構築を回した回数が少なくてダメージ感覚が養い切れておらずプレミしたり、選出を詰め切れておらず選出ミスしたりという試合があったので、準備不足な感はあったなーという結果になりました。

予選は6つのブロックのうちCブロックに割り振られました。
メンバーは、私、vanさん、KLさん、あほーどりさん、くろのあさん、M@schさんの6人。
では、以下対戦ログ。


■一試合目 vsくろのあさん 【勝ち】
相手構築:カバルドン/ドリュウズ/ラティオス/ハッサム/バンギラス/スイクン

こちら選出:バンギラス/グライオン/サンダー
相手の選出:カバルドン/ラティオス/ドリュウズ

初手グライを読んで初手ラティかと思っていたので、バンギを投げたのですが対面アドを取られる。
相手は初手ステロで、こちらはグライオンへ交換。
後はカバ対面でギロチンをこちらは施行し続け、相手は吠えるでグライを流し、バンギやサンダー対面で交換読み吠えるを打つか攻撃技をうつかみたいな展開に。
ここは全て読み勝って、4回目のギロチンでカバルドンを処理。
相手はラティオスを繰り出してきて、この時点でステロによりバンギが残り5割だったのと、カバラティときて相手の裏がドリュウズなのは見えていたのでサンダー切り。
バンギを対面で出して噛み砕くと相手はドリュウズに交換。
ここで択が発生するも、バンギを突っ張らせて、相手はドリュウズ→ラティオスでこちらの勝ち。
ギロチンをさっさと当てないせいで辛い試合となりました。

選出はラティをワンキルできるバンギ、カバドリに耐性のあるグライ、ハッサムスイクンに強いサンダーという感じ。サンダーは熱風を持っているのでドリュウズと対面した時でもごまかせるのが選出の決め手になりました。バンギかハッサムかは迷ったのですが、瞑想等も考慮するとやはり上からワンキルできた方がいいという考えに。竜舞バンギやスカーフバンギも考慮したらハッサムの方がよかったかもしれません。


■二試合目 vsM@schさん 【勝ち】
相手構築:ポリゴン2/ポリゴンZ/ムクホーク/ミルタンク/トゲキッス/ビーダル

こちら選出:サンダー/ハッサム/コバルオン
相手の選出:ムクホーク/ポリゴンZ/ミルタンク

まさかのノーマル統一パ。
初手ムクホが一番壊滅しやすいパターンだったので、初手はサンダー投げ。
万が一捨て身で死んでも反動+ゴツメでバレパン圏内に入るという考えでした。
実際には捨て身で9割削れて切り替えしでムクホ処理。
つづいてポリ2が出てきて、ここはビーダルに打点を持てるサンダーは一応温存しておこうと思いハッサムへ交換すると冷凍ビームで凍るという事態に。そのまま相手はつっぱってきて冷凍で半分ほど削れる。ここで相手はポリ乙→ミルタンクに交換。このタイミングでハッサムの氷が解け、バレパンで3割削る。電磁波警戒でサンダーへ後退。予想通り電磁波でサンダー麻痺。
ここからはサンダーが死ぬまでサンダーでタンクを削って、最後はミルタンクにコバルが挑発を入れて〆という形でした。

選出はムクホビーダルキッスに有利とれるサンダー、ムクホキッスに打点を持てるハッサム、挑発を使てノーマル耐性のあるコバルオンという形でした。


■三試合目 vsKLさん 【負け】
相手構築:ニョロトノ/キングドラ/ラティオス/ハッサム/テラキオン/カイリュー

こちら選出:ハッサム/バンギラス/ブルンゲル
相手の選出:ニョロトノ/ラティオス/ハッサム

テラキを警戒して、初手ハッサムでしたが初手ニョロで完全にアドをとられる。
こちらはブルンゲルで流すしかないのでハッサム引いてブルンゲルに後退。
ニョロトノは眼鏡だったようでブルンゲルが5.5割ほど削れオボン発動。
この時、なぜブルンゲルの耐久をグドラの竜波動2耐えにしておかなかったのかと非常に悔みました。
これは押し切られるのでこちらは再生1択。
相手はニョロ→ラティ。ブルンが削れると勝ち筋なくなるので、こちらはブルン→バンギ。
相手は会わせて、ラティ→ニョロ。しかしラティの方がはやいため天候は砂。
ハイポン外れのリスクと裏にテラキがいるなら出してくると思い、バンギでエッジ。
これで7割ほど削れるも返しの眼鏡ハイポンでバンギ乙。
こちらはブルンゲルを繰り出します。
ニョロトノを削りきるためシャドボ選択。相手はラティに交換でラティを半分削る。
ブルンが削れると勝ち筋なくなるので、ブルン→ハッサム。
相手の流星群で半分削れる。この時点でラティのダメージが低かったのでニョロの眼鏡を確信します。
そこまでは水プレートとかも警戒してました。
こちらは交換読みでトンボを選択、相手はラティ→ハッサムでハッサムを3割ほど削ってブルン登場。
ブルンゲルで熱湯を打ち、きれいにハッサムをやけどさせます。
ハッサムはトンボでブルンを1割ほど削りながらラティへ。
ここでハッサムを繰り出したかったのですが、ハッサムが耐えるかどうか微妙なHPだったため断念。
バンギのエッジのダメージからニョロが耐久に振っているのはわかっていたため馬鹿力で処理するパターンに決めました。
ブルンは眼鏡じゃないラティの流星を耐えるのでシャドボ選択。
するとラティが流星群を外して爆アド。ノーダメでラティを処理。
相手がニョロトノを繰り出して、再生連打が正解だったのですが急所にチキってシャドボで処理しようとするもシャドボをギリギリで耐えられ、ハイポン2発撃ちこまれてブルン乙。
ハッサムを繰り出して馬鹿力をうつもこちらのハッサムのSが96、相手のニョロが97だったらしくハイポンを決められて負けという試合でした。

選出はニョログドラを流すためのブルン、ラティカイリューテラキをごまかすハッサム、天候切り替えし+ラティテラキカイリューに打点を持てるバンギという選出でした。
ブルンの配分ミスが大きく試合を分けたのではないかと思います。


■四試合目 vsあほーどりさん 【勝ち】
相手構築:ユキノオー/ウルガモス/テラキオン/カイリュー/ハッサム/ラティオス

こちら選出:ハッサム/バンギラス/サンダー
相手の選出:テラキオン/ユキノオー/カイリュー

初手で対面アド。これは流石に退いてくるだろうと思いトンボを選択すると相手がまさかのつっぱり。
しかも珠インファで9割以上削られるという事態に。鉢巻ならこの時点で終わってました^q^
なんとか耐えてトンボで6割ちょい削りながらバンギへ後退。
エッジで削りきれそうでしたが、チキって馬鹿力選択。
相手はテラキ→カイリューへ交換。
この時点でバンギのスカーフは割れているはずなので、カイリューが舞ってきても鉢巻でも大体処理できるサンダーへ交代。相手のカイリューは安定の舞。
カイリューの逆鱗を耐えてめざ氷でカイリュー乙。相手はテラキオンを繰り出す。
インファでサンダー乙。ゴツメで残り1割。
こちらはハッサムを繰り出してバレット。
相手はラストがノオーだったのでそのままバレットで削りきって、バンギで〆ました。

選出はテラキを削れ、ウルガも半分削れるハッサムがまず確定。強化アイテムを持っていなければウルガを一回流せ、ラティ、テラキ、ノオー、カイリューに打点のもてるバンギも確定。ラストはカイリューハッサムに薄かったのでサンダーという形でした。選出自体は間違ってませんでしたが、初手はアドを取りに行くより安定してバレットをうつべきという反省をしました。


■五試合目 vsvanさん 【勝ち】
相手構築:マンムー/ボルトロス/ハッサム/ガブリアス/ドレディア/スイクン

こちら選出:コバルオン/サンダー/ハッサム
相手の選出:スイクン/マンムー/ドレディア

初手で若干不利対面になったので、ボルチェンを打ちつつさんだーに交代。
するとスイクンが絶対零度を打ってきてサンダー即乙。
一気にアドを稼がれる形となる。
コバルオンじゃないとスイクンを倒せないため、ハッサムを選出。
スイクンからハイドロポンプをうけ6割削れるもトンボで大きく削ってコバルへ。
コバルオンのボルトチェンジで削りいれる体力ではなかったため、まずインファから。
ハイドロポンプをかわし爆アド。ボルチェンでスイクンを処理しつつハッサムIN。
相手はドレディアを選出。起点にされると困るのでここはバレット一択。
相手はめざ炎で迅速処理。続いてコバルのめざ氷でドレディア処理。
ラストはコバルマンムー対面で、コバルが削れていなかったため、地震礫を乱数で耐えると踏んでめざ氷から入るとvanさんが痛恨のタッチミスで馬鹿力を選択。
これにより勝ち確となり、インファで勝利。

選出は、ドレディアを警戒してのメンツ。マンムーはハッサムコバルでごまかし。ガブスイクンハッサムはサンダーでごまかし。ドレディアはコバルなら挑発、サンダーなら削ってから捨ててハッサムのバレットで処理。というような筋をみていました。二人とも、事前の調整段階ですでに同じ構築どうしで戦っていたためネタ割れしており身内読みの激しい選出となりました((


以上4勝1敗で、勝数は同じでしたが直接対決でKLさんに負けていたためリーグ2位で決勝進出という形になりました。


■決勝T一試合目 vsスバルさん
相手構築:ブルンゲル/ローブシン/ウルガモス/バンギラス/ボルトロス/ガブリアス

こちら選出:バンギラス/サンダー/ハッサム
相手の選出:ローブシン/ウルガモス/ボルトロス

>1t
こちらはバンギラス→サンダーへ交代。
相手のローブシンは投げつけるで、サンダーをやけど状態に。

>2t
サンダーの10万Vを警戒してバンギかガブに退いてくると思ったので、どちらも削れればバレットで縛りやすくなることを考えめざ氷を選択。ローブシンが3割ほど削れる。
相手は交代読みつっぱりだったのかドレインパンチを選択。回復されるもゴツメ+砂で回復分以上のダメージを与える結果に。

>3t
相手はローブシン→ウルガモスへ交代。
こちらは交代が見えていたがサンダーが疲弊するとローブシンに勝てないため羽休めを選択。

>4t
悠長にすると死ぬので、サンダー→バンギラスに交代。
相手のウルガモスはバンギがスカーフなのも警戒して舞わずに文字選択。
この文字によりバンギラスがやけど状態に。

>5t
バンギラスのストーンエッジでウルガを処理。
ここは相手側が交換読み交換等で深読みしたのがおいしく出た感じ。
この時点で裏にガブがいない気がしてる。
ちなみにやけどしていなかった場合はここは燕返し選択でした。
相手はローブシンを繰り出す。

>6t
バンギラス→サンダー
ローブのドレパンでゴツメ砂合わせて若干削る。
ここはバンギラスを切ると体力回復されてハッサムで削りきれなくなる可能性が出てくるのと、相手の裏がボルトだったときの保険もかねてバンギ温存という形をとった。

>7t
ローブシン→ボルトロスに交換
こちらはサンダーで羽休め。
相手の裏がガブの可能性もまだ切れなかったのでサンダーが疲弊しすぎるとまずいため回復。
裏がバンギだった場合は対面した時点で10万をうちバレットで制圧すればよかったし、ボルトならばバンギラスを繰り出せばいい。

>8t
サンダー→バンギラス
相手のボルトのボルトチェンジ。
ローブシン繰り出し。
相手のローブシンに砂ダメが入っていくからこれは別に問題ないだろう。

>9t
バンギラス→サンダー
相手はこれに合わせてブシン→ボルトへ交換。
バンギラスのHPを吸われるわけにはいかないのでサンダーへ交換。
ボルトを合わせられるが裏にハッサムがいるので問題ない。

>10t
サンダー→バンギラス
ボルトのめざ氷+火傷ダメージでバンギラス乙。
ここはバンギラスがブシンの回復ソースにならずきれいに処理してもらえたのでおk。
こちらはハッサムを繰り出す。

>11t
ボルトロスの電磁波。
ハッサムの電光石火でボルト残り4割弱。
安定の電光石火。裏からブシンが出てきても、石化+砂+石化で削りきれる体力なのでバレットを打つ意味はない。

>12t
ハッサムの電光石火でボルト乙。
ブシンIN
麻痺らなかったのが偉い

>13t
ハッサム→サンダーへ交代
相手のローブシンのドレパン。
ここで倒しきれずにドレパンを食らうと負け筋が生まれる可能性があったため、サンダーへ交代。

>14t
相手側降参で勝ち。

選出はコバルを出さないパターンの電磁波砂への選出をした。
実はスバルさんとは1週間前の精華大オフで予選リーグで戦っていて、お互いほぼ同じ構築で負けていたため中身がある程度われていた試合内容となっています。
対バンギ、ウルガ、ボルトを見てバンギ選出。
対ブシン、ブルン、ガブ、(ボルト)を見てサンダー選出。
対ウルガ、バンギ、ガブ、ボルト、(ブシン)を見てハッサム選出。
という感じ。
コバルがいないので対バンギガブが若干不安だったが、サンダーの削りをうまくいかしてハッサムでもっていくパターンでないとローブシンの処置が難しいだろうなーという判断でした。


■決勝T2回戦目 vsDARSさん
相手構築:サンダース/エルレイド/ラティオス/ガブリアス/シャワーズ/ハッサム

こちら選出:ハッサム/サンダー/バンギラス
相手の選出:エルレイド/シャワーズ/ガブリアス

>1t
相手のエルレイドの鬼火でハッサムがやけど状態に。
こちらハッサムのとんぼ返りが急所にあたって9割削れる。
このターンは爆アドとしか言いようがない。あってビルドかなーとしか予想していなかったので鬼火は完全に不意を突かれた。しかも鉢巻トンボ急所で9割ということはHBと予想できるためここで急所を引いていなければサンダーでうまいこと削らなければいけない状態になっていました。
サンダーIN

>2t
エルレイド→ガブリアスに交代。
サンダーのめざ氷で9割削れる。
安定してサンダー繰り出しできたので、ダースガブ警戒でめざ氷選択。
するとガブリアスが出てきたので大きくアドを取る形に。最近はめざ氷サンダーが少なかったのが追い風だったようです。

>3t
ガブリアスのストーンエッジが外れる。
サンダーの羽休め。回復は0
相手ガブがエッジを打って来ればスカーフ想定をしていたので、悠々とバンギに交換→燕でおk。竜技ならゴツメで処理して羽でアドという狙いの羽だったが、よく考えるとバンギを出してしまうとラティがうからなくなるため(ハッサムがやけど状態なので)ここはめざ氷が安定だった。

>4t
ガブリアスのストーンエッジでサンダー9割削れる。
サンダーのめざ氷でガブ乙。
ということでめざ氷。
すると相手は(おそらく)陽気鉢巻だったようでストーンエッジで大きく削られるもしっかりと耐えてガブリアスを処理。
エルレイドIN

>5t
サンダーの10万Vでエルレイド乙。
HBに近い配分なのはわかっていたので、Sもおそらく抜いていてガッサだろうと踏んで突っ張り。
影うちでは落とされないHPだった。
シャワーズIN

>6t
サンダーの羽休め。
シャワーズの毒々。
シャワーズが願い事守るだと、サンダーを取っておかなければ処理しきれない可能性があったので、サンダーは羽休めで回復。すると相手は毒々。これでねがまもの線が濃厚になる。

>7t
サンダーの10万Vで6割削れる
シャワーズの願い事。食べ残しで回復
ここは安定行動。

>8t
サンダー→バンギラス
シャワーズの守る。
食べ残し封じとバンギで疲弊させてサンダーで〆という形をみて、守るターンにバンギ交代。
まぁ、熱湯でもいいだろくらいに考えて動きました。

>9t
バンギラスのかみくだくで3割削れる
シャワーズの熱湯で4割弱削れる。やけどはしない

>10t
バンギラスの噛み砕く
シャワーズの願い事

>11t
バンギラスの噛み砕くで1パーセントくらい耐えられる
シャワーズの熱湯
砂ダメでシャワーズ落ちて勝ち。
ここは守るきてもバンギつっぱりで良かったのでバンギ突っ張ったら、相手がサンダー交換読みをしてきてそのまま押し切る形となった。

選出はダース、エルレ、ラティ、ガブ、シャワ、にそれなりに打点の持てそうなハッサム。
エルレ、ガブ、シャワ、ハッサムに強めなサンダー。
ダース、ラティ、(シャワ)への抵抗力としてバンギラスという感じでした。


■決勝T準決勝 vsベテさん
相手構築:ニョロトノ/キングドラ/ヘラクロス/カイリュー/ナットレイ/ランクルス

こちら選出:サンダー/ブルンゲル/バンギラス
相手の選出:カイリュー/ヘラクロス/ニョロトノ

>1t
こちらサンダーのめざ氷。
相手カイリューは竜の舞。
まぁ、安定行動。本当はバンギラスではなくコバルオンを選出するのが正解だったのだが、選出完了を押してしまいバンギを選出してしまったので、この時点でカイリューが強化アイテム持ってるとやばいと冷や汗をかいています。

>2t
相手カイリューの炎のパンチ。
こちらサンダーのめざ氷でカイリュー乙。
決勝まで上がってきている相手なら、ここでコバルオンを警戒して逆鱗は打ってこないと踏んでサンダーつっぱり。強化アイテムがなければサンダーは耐えますしね。
するとやはりコバルオンを読んで炎のパンチが飛んできてアド。
ニョロトノIN

>3t
サンダー→ブルンゲル
ニョロトノのハイドロポンプで4割弱削れる
ニョロトノがスカーフだとサンダーが死んでナットレイが処理できなくなるのでブルンゲルに退き。

>4t
ニョロトノ→ヘラクロス
ブルンゲルの熱湯。ヘラクロスを4割削り
ナットかと思いきやヘラクロスが登場。ここでスカーフだとやばいと焦るも毒玉で一安心。

>5t
ヘラクロスの地震。ブルンが4割削れる
ブルンゲルの熱湯。ヘラ残りあとちょっと
ヘラの辻斬りで死ぬかと思って、ブルン切りしようと思ったら地震で耐える

>6t
ブルン→サンダー
ヘラクロスの地震すかして毒で乙。
ここは命中安定技でくるだろうからせっかく耐えたし、ニョロを見てブルン確保。

>7t
ニョロがハイポン外す。
サンダーの10万。ニョロトノちょい耐え
ここは明らかなプレミ。先にバンギを出していくべきだった

>8t
ニョロのハイポンでサンダー乙
バンギIN

>9t
バンギの噛み砕くで勝ち

選出に加えてプレミ1回と反省点の多い試合だった。
バンギラスが刺さっている面が少なかったので、コバルオン選出が正解だったと思います。
選出は、ニョロカイリューナットあたりをみてサンダー。
ニョログドラヘラクルスあたりをみてブルンゲル
雨切り替えしとニョロをみてバンギでしたが、カイリューが強化アイテム逆鱗をサンダーに打ってくると負けていたのでそのリカバーもかねてハッサムかコバルオンの選出が正解だったと思います。


■決勝T決勝戦 vsエンドーさん
相手構築:ニョロトノ/キングドラ/カイリュー/ランクルス/ローブシン/ハッサム

こちら選出:サンダー/ブルンゲル/コバルオン
相手の選出:ニョロトノ/カイリュー/キングドラ

BV:83-49091-47868

>1t
雨降らしとプレッシャーの処理順でニョロトノのスカーフが判明。
サンダー→ブルンゲル
ニョロトノのハイポンで3割ちょい削れる
対面でアドをとる形となりましたが、サンダーが疲弊すると裏のカイリューの処理が厳しくなると思いブルンゲルへ交換。

>2t
ニョロトノ→カイリュー
ブルンゲルの熱湯で1割削れる。やけどはなし
相手は安定のカイリュー繰り出し。
ここでエンドーさんが「火傷するな!」と一括(フラグ)

>3t
ブルンゲル→サンダー
カイリューの流星群(!?)でサンダー乙
雨なら鉢巻の線が濃いかなと思い、地震も警戒してコバルではなくサンダー投げ。
するとカイリューから眼鏡流星群が飛んできてサンダー即乙。
大きくアドを稼がれる形となる。
コバルオンIN

>4t
カイリュー→ニョロトノ
コバルオンのボルトチェンジでブルンゲル繰り出し
ここはダメージからカイリューが眼鏡なのが分かっていたので安定のボルトチェンジ。

>5t
ニョロトノのハイドロポンプ
ブルンゲルにあたって呪われに
オボン発動でブルンゲル回復
ブルンゲルのシャドボ
呪われを引いてアド。シャドボでダメージを稼いでいく。

>6t
ニョロトノ→カイリュー
ブルンゲルの自己再生
ここで、カイリュー読みコバルオン読まれてグドラ出されると、ブルンゲルの体力が削られているから負けると思い、またエンドーさんならそんなプレイングもしかねないと思って自己再生。
素直にカイリューが来てアドをとられる形に。

>7t
ブルンゲル→コバルオン
カイリューの雷でコバルオン7割削れる。
ここで電卓計算によりブルンゲルがカイリューの眼鏡雷を耐えるっぽかったので、暴風がきたらやばいなーと思いつつもでも雷でもコバルは十二分に削れるから安定行動で雷かなと思ってコバル投げ。

>8t
カイリュー→ニョロトノ
コバルオンのめざ氷
ここでボルチェンを打つとニョロトノが倒れてブルンゲルにカイリュー合わされて負けなのでめざ氷かインファの択。カイリューに突っ張ってこられるとどうやっても負け確なのと、ワンチャン氷でニョロトノ落とせそうな感じもしてたので氷を選択。そして削りきれない。

>9t
コバルオン→ブルンゲル
ニョロトノのハイドロポンプ

>10t
ニョロトノのハイドロポンプ
ブルンゲルの自己再生
ここはニョロトノ捨てて、カイリュー死にだしが安定なのでニョロトノ突っ張りだから再生。

>11t
ニョロトノのハイドロポンプ
ブルンゲルの呪われ発動
ブルンゲルの自己再生
同上の理由でブルンで再生。呪われを引く。

>12t
ニョロトノ→カイリュー
ブルンゲル→コバルオン
ブルンゲルのHPがほぼMaxだったのでグドラでも流せるとふんでコバル投げ

>13t
カイリュー→ニョロトノ
コバルオンのめざ氷
8t目と同じ理由でめざ氷を選択。
しかしまたも削りきれない。

>14t
コバルオン→ブルンゲル
ニョロトノのハイドロポンプ

>15t
ニョロトノ→カイリュー
ブルンゲルの自己再生
ニョロトノ捨てカイリューだしが安定だと信じ切っていたので、ニョロトノを捨ててくると思っていたらカイリュー合わされてこの時点でほぼ負け確。

>16t
カイリューの雷
ブルンゲルの自己再生
雷を耐えそうなのは手動計算でわかっていたので、ラストの呪われワンチャンにかけたが発動せず。

>17t
カイリューの雷
ブルンゲル乙

>18t
コバルオンのめざ氷
カイリュー乙

>19t
キングドラの滝登りでコバル乙


というようなシ試合内容でした。
カイリューが物理だと信じ込んでいたので初手でサンダーをつっぱることができなかったのですが、初手でサンダーがニョロトノを削っていれば、また違った試合展開になっていたはずなので、物理だったとしてもコバルいるし初手は10万が安定だったのかなーっていうのがプレミだったかと思います。
あとは最後のニョロ+ブルン対面ですね。
ニョロが呪われを引くと、コバルの後出しを許してしまうのでそれならそのあとグドラ+ブルン対面でカイリュー投げるよりこの時点でカイリュー投げたほうがリスクは小さいからここでカイリューがくると読むべきでした。
選出は、ニョロカイリュー武神ハッサムをみてサンダー
カイリューをみてコバルオン
ニョログドラクルスブシンハッサムに強めなブルンゲルという選出でした。


以上準優勝という結果で、京大カップを終えることが出来ました。
プレミも数点あり、まだまだだなーと実感した日でもありました。
反省点としては、対雨の試合をこの構築で4試合ほどしか事前にこなせておらず、詰め切れていなかったかなーという感じです。危ない試合はすべて対雨ですしね。

それでも、多くの人と有意義な話もでき、飲み会も楽しかったですし、
オフ自体の雰囲気もよくて楽しめました。
お疲れ様でした!

関連記事
スポンサーサイト

2012/05/22   オフレポ     19TB 0  

Trackback

http://kanata4210.blog106.fc2.com/tb.php/19-4951334f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。